大名歯科スタッフブログOHMYO BLOG

がん治療と口腔ケア 5

今回はがん治療の「放射線治療」におけるリスクを解説します。

歯科で関係のある放射線治療は頭頸部周辺の放射線治療です。

前々回にも少し触れましたが、放射線のあたった個所がやけどの様な

粘膜炎を起こして免疫力が落ちます。

免疫が落ちることにより、細菌のカンジダ、ウイルスが口腔内で繁殖

したり、虫歯や歯周病が急激に悪化します。

だ液線がダメージを受けると、だ液が出にくくなり細菌の繁殖をさらに

強めてしまいます。

広島県三原市 大名歯科医院 歯科技工士 木原 義隆

2018年1月29日 歯科技工士

Copyright(C) 2013 OHMYO Dental Office All Rights Reserved.