予防歯科の歯医者なら広島県三原市の大名歯科

広島県三原市宮浦3-24-26
マタニティ歯科MATERNITY DENTISTRY

三原市では、妊娠歯科健診を無料で実施しております。
マイナス1歳からの母子むし歯予防を実践しましょう。

ママと赤ちゃんのデンタルクリニック
マタニティ歯科へようこそ

妊娠で歯が悪くなる?

『妊娠中に赤ちゃんにカルシウムをとられて、歯がボロボロになった』とか、『出産するたびに、歯を失う』など聞かれたことはありませんか?
しかし、歯のカルシウムは、妊娠によってとられたりしないものなのです。では、どうしてこんな話がでてくるのでしょうか?
妊娠中、育児中はとても忙しくて、自分のことを後回しにしてしまい、むし歯や歯周病など放置してしまう方が多いようです。その結果、大きく悪化してしまうことになるのです。

妊娠中にみられる変化

  • 唾液が酸性になりやすく、ネバネバしやすい
  • つわりなどで、食事の回数が増え、お口の中が汚れやすくなる
  • 歯ブラシをお口に入れると、気持ち悪くなって清掃しにくい
  • ホルモンバランスがくずれ、体の抵抗力が低下しやすい
  • 甘いものすっぱいものが、ほしくなるなど食の好みの変化

マタニティ歯科健診

身体の状態や出産の時期を確認してから、歯とお口の状態をチェックしていきます。
歯みがき指導やお口の健康や食生活などのアドバイスをさせてもらい、
専用の器具を使って、毎日の歯みがきではとれない歯垢や歯石をとっていきます。

妊娠中の治療

安定期の妊娠4~8ヶ月に治療することがおススメです。

治療に関して

麻酔やお薬

歯科で使う麻酔は、使う量もとても少なく、無痛分娩や帝王切開で使用されるものと同じです。胎児への影響を心配する必要はほとんどありません。
抗生物質や鎮痛剤は、より安全なものを処方します。

レントゲン

念のため、防護エプロンを準備しています。
当院のデジタルレントゲンは、X線量が従来の約1/10で、より安心です。

すてきなママになりましょう

① 生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にむし歯菌はいません。ママがうっかり赤ちゃんの使うスプーンをなめたり、ママのお口の中で食べやすくつぶしてから、赤ちゃんに食べさせるなどすることで、大人から赤ちゃんに感染すると言われています。
☆歯科での定期的なお口のクリーニングとキシリトールを積極的に使うことで、ママ自身のお口のむし歯菌を減らしておきましょう。

②ママとお子様の歯もより強く!
☆フッ素を塗ることで歯質強化されむし歯になりにくくなります。

③ママが喫煙することにより、3歳児のむし歯の発生率は1.9倍になると言われています。
☆ぜひ、禁煙にチャレンジしましょう!

~むし歯予防に効果的~

なにげなく、食べているあめですが・・・

アメがお口の中でとけおわるまで、何分かかるでしょう?
ましてガリッとかんだりすると、奥歯の溝に入り込み、ゆっくりとけていきます。
むし歯のリスクが非常に高くなります。
アメを食べる頻度を極力控えるようにしましょう。
☆お子様にアメをあげないで!
アメの代わりにキシリトールタブレットを召し上がるとむし歯予防に効果的です。

親子で健口(健康)ライフをめざしましょう。~私たちがお手伝いさせていただきます。なんなりとご相談くださいね~

このページを見た方は、こちらのページもご覧になられています。